更新料支払いに注意

Pocket

借地権を売却していこうとする前に、更新料を支払うこともあります。更新料を支払っていこうとする時には、あらかじめ契約書に掲載されている更新料の支払いに関する内容を把握しておき、記載が全く無い状態だったとしても、それぞれに支払う合意があることを知ることです。そして過去に支払いに関する実績が残っているのであれば、借地人に対して更新料を支払っていく義務が発生します。その点を忘れてしまうと、売却において支障をきたすこともあります。

更新料というのは法律的な規制を持っていませんが、実際は大半の人が支払っているのが実状です。その理由は地主と借地権などで揉めたく無かったり、裁判になってしまった時には時間やお金が予想維持にかかってしまうためです。更新料の支払いについて、トラブルを引き起こさずにしっかりと行われています。更新料の支払いは法律的には適正金額が一切ありませんので、大半の場合は当事者間で決まっていきます

一般的に更新料というのは、更地価格に関して5パーセント程度といわれています。さらに借地期間が満了となっている時に発生する契約更新に関する期間というの、旧法ならば30年程度でした。借地期間の満了時に、建物が無い時には更新請求が仮にあったとしても拒否を地主が行うこともできます。

admin