建替え時のポイント

Pocket

建替えていこうとする時にも、色々な注意点があるので理解しておきましょう。借地上で建物が徐々に老朽化していきますが、それらを理由にして建替えを行っていこうとする場合に地主が建替えに関して承諾を行わなければなりません。その時に建替承諾料を支払っていきますが、全く知らずに地主の承諾を得ないで建替えるとトラブルになります。借地権において契約解除となってしまうなど、様々なトラブルに巻き込まれてしまいます。建替え承諾料などは、あらかじめインターネットなどで割合を知っておく必要があります。

そして抵当権設定承諾についても理解しておく必要があり、建替えていく際に発生する費用などを、金融機関より融資してもらってから支払っていくこともあります。こうなると地主からローンを承諾していくことをしなければ、原則として建替え費用などを融資してもらうことができません。不動産会社や弁護士事務所の相談事例の中で、地主が建替えに関して承諾を行っていないこともあります。

建築会社と請負について契約まで行っている時、建替えていく費用を借り入れていこうとするためです。金融機関へ相談しても、指定のローンに関する承諾書で地主の署名や押印がないとトラブルになってしまうこともあります。

admin